塾の選び方で中学受験は大きく変化するので慎重に選びましょう

塾を選ぶコツとは

勉学

合格実績に誘惑されないこと

合格実績がたくさんあるからとの理由だけで塾を選びがちですが、実はこの選び方は危険です。大手の進学塾を見てみると合格実績の数に惹かれますが、生徒数が多いとその分合格の数も増えます。そのため、合格実績だけを見るのではなく、受験に向けたカリキュラムが充実しているかなどをチェックしていきましょう。その際に、志望校に関する質問をしてみると良いですよ。ちゃんと回答が行なえる塾なら信頼することが出来る証拠です。

学校の友達が少ないところがベスト

「学校の友達が多いと子供も塾を頑張れるだろう」と思う保護者が多いですが、実は友達が多い塾を選ぶと色々な問題が発生すると言われています。学校の友達が多い塾だと、緊張感がなくなって塾の授業に集中できないこともよくあります。加えて、塾での成績を学校で馬鹿にされてしまうことも珍しくありません。そのことを考慮すると、塾は知り合いがあまりいないところに通わせるのがベストでしょう。

塾の周辺も確認すべき

塾を選ぶポイントとして、塾の周辺環境もしっかりと確認する必要があります。平日だと塾は夕方~夜遅くに授業を行なうことが多いです。子供が夜遅くに出歩くのは危ないので、塾周辺はスーパーやコンビニなど、子供がすぐに避難出来る場所を確認しておくと良いですよ。お子様を送迎することが出来ない場合は、安全性も考慮しましょう。

まずは無料体験に参加していこう

中学受験の最終的な目標は、志望校に合格することになります。無事に合格するためには、効率の良い受験対策を行なえる環境として、塾に通わせることが1番でしょう。塾を選ぶ際は、まず無料体験などで授業風景や講師をチェックすると良いですよ。そこから、お子様に適している塾を選択していくことです。